たいちの仮設避難所

某小説投稿サイトの規約改定による 仮設の避難所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

十九話


許昌




「出たな・・・」
「あらぁ、喜媚ちゃん。
前会った時とは見違えて、立派な漢女になったわねぇ。」
「うむ、よもやここまでの逸材になるとは
ワシにも予想もつかなんだぞ。」
「止めて!! 私を漢女の枠内に入れるのは止めて!!
私は純粋に女の子が好きな普通の男なんだから!!」
「むぅっ・・・! その悲壮感溢れる仕草!
ワシとしたことが一瞬ときめいてしまったぞ。」
「コレは私達もうかうかしてられないわ!
今一度、漢女の修行をしなおさないと!」
「・・・よく解からんが卑弥呼達は師匠と知り合いなのか?」
「うむ、良くしっておるぞダーリン。」
「そうねぇ、昔からの知り合いよぅ。」
「・・・・・・・不本意ながら。」
「そうか! ならば卑弥呼達からも頼む!
師匠に俺の弟子入りを認めていただけるように頼んでくれ!」
「話が見えぬのだが・・・
ダーリンの頼みとあらばこの卑弥呼!
きっと望みを叶えて見せようぞ!」
「私も協力するわぁん。」


私には、二人の周囲の空間が歪んで見えるような錯覚を覚える。
コレはまずい、今すぐ逃げないと
いろんな意味で私の人生が終わる。

私はすぐさま家の奥へと逃げようと全力で走るが、
そんな私をあざ笑うように卑弥呼は私の襟をつかみ
猫のようにつまみ上げ、
私の顔を卑弥呼自身の顔に近づける。


「喜媚よ、ワシの熱い口づけを捧げるから
ダーリンの願いを叶えってやってくれぬか?
ちなみに初めては既にダーリンが寝ている隙に捧げておるので
気にすることは無いぞ。」
「あらぁん、じゃあ私はこの踊り子として鍛えた身体で
抱きしめて あ げ る ♪」
「ひぃ!?・・・・・こ、殺・・・お、犯されるぅっ!?!!?」

「あんた達ウチの子になにやってんのよ!!」

「へぶぅっ!」 「ぶべらぁ!」


私のいろんな大切なものを失いそうになったその時
母さんが二人を蹴り飛ばし
私を助けてくれた。


「・・か、母さん・・・・グスッ。」
「あらあら、大丈夫よ喜媚。
あの化け物どもはキッチリ始末してあげるから。」
「母ざぁぁんっ!!」 「喜媚ぃ!!」

「あの・・・・俺の弟子入りの話は・・・」


結局この後、皆が落ち着いた所で再度話し合いとなり、
卑弥呼と貂蝉は 母さんに私に触れない事を約束させられ、
華佗さんの弟子入りの話は流れはしたが、
この許昌にいる間、
私が話を聞かせて、それを華佗が
紙に写し取るなりすることで落ち着いた。


「・・・・・死ぬかと思った・・・・
もう人としても男としても死んだと思った。」
「うむ、すこし張り切りすぎてしまったかの。」
「そうねぇ、私もご主人様に会えなくてつい寂しくて
暴走しちゃったわぁん。」
「あんた達 次喜媚に何かしたら私が八つ裂きにするわよ。」
「・・・・弟子入り出来なかったのは残念だが
医学の知識を教えてもらえるのなら 俺は満足だ。」
「結局、私一人が損してるだけじゃないか・・・」
「あら? じゃあ喜媚は 今夜私と一緒に寝て
男としての自信を取り戻してみる?」
「・・・・止めておきます。
本気にしても冗談にしても問題がありすぎるので・・・」
「あら そう?」


こうして華佗さん達が許昌で路銀を稼ぐしばらくの間、
家に出入りして医学の話をしていくのだが、
それを面白く思ってない人間が一人いた・・・桂花だ。

華佗さんがいる間、桂花のいたずらは激しさを増し
お仕置きも比例して激しさを増した結果
桂花の腰が抜けた状態になってしまい、
華佗が治療しようとしたのだが、桂花がこれを断固拒否したため
結局 桂花が家に泊まって行く等の問題が起きた。

後は卑弥呼と貂蝉を見た桂花と郭嘉さんが気を失って倒れるなどの
出来事もあったが、それ以外には特に大きな問題も起きず、
十日ほどで華佗は許昌から旅立っていった。


「師匠ぉ! 何か俺が力を貸せることがあったら
いつでも言ってくれ!
たとえこの国の果てからでも駆けつけるからな!」
「・・・卑弥呼達が付いているだけに、
華佗が言うと冗談に聞こえないから嫌だ。」


華佗達が旅に出て、数ヶ月が過ぎた・・・


最近 行商人の人から、
地方で流民が大量に出たり野盗が組織化してきた話などを聞くが、
町の市場や酒場、食堂でも似たような話を聞き、
黄巾の乱が近づいて来るのを感じるようになった。

アレから警備隊で以前私と桂花、郭嘉さんで出した
陣形に関しての案が現場で若干修正されてから採用されたようで
現在、訓練を積み重ねているそうだ。


世の中が少しきな臭くなってきた中、
全く予想もしていなかった人物が 私の家を訪ねてきた。

何処かの勢力下のお付きの女官だったのだが 話を聞くと
とんでも無い所の女官だった。


「すいません、私 袁公路(えんこうろ)様の所で仕えて居るものですが
コチラで蜂蜜を取り扱っていると
市場で聞いていたのですが、ありますでしょうか?」
「・・・・え? す、すみませんもう一度お願い出来ますか?」
「はぁ、袁公路様の所で仕えて居るものですが
コチラで蜂蜜を取り扱っていると
市場で聞いていたのですが、ありますでしょうか?」
「えんこうろさま?」
「はい、そうです。」
「不躾な質問なのですが、えんこうろさまと言うと
あの司空をお勤めであられた袁周陽様のご息女の?」
「はい、袁周陽様のご息女の袁公路様です。
よくご存知ですね。」
「はぁ、有名で在られますから。」
「実は今、袁公路様が外遊していまして寿春に帰る道中なのですが
蜂蜜を切らせてしまいまして。」
「蜂蜜ですか・・・」
「はい、袁公路様は 大変蜂蜜がお好きでして
外遊時にも常に持っていくのですが
それが諸事情で蜂蜜を切らせてしましまして、
そこで市場で何店か回ったのですが何処も在庫を切らしていまして。
色々話を聞いたらコチラで取り扱っていると聞きましたので
有るのでしたら、ぜひお譲り願いたいと思いまして。」
「・・・分かりました、少しでしたらありますので
それをお売りすればよろしいですか?」
「あるのですか!
助かりました!
ぜ、是非お売りください!」
「はい、では少々お待ちください。」


私はすぐに蜂蜜を保存している倉庫に向かい
蜂蜜の入っている壷を取ってこようとした。

と言うのも、下手に時間を掛けて
袁術ちゃんが出てこようものなら手も付けられない。
とにかく さっさと渡して帰ってもらおうと思い、
居間で待ってもらっている女官さんの所に急いで戻ったのだが・・・
時既に遅し・・・・


「のぅ七乃! 本当にこんな荒屋に蜂蜜が有るのか!」
「はい、部下の話ではこのお家の人は
蜂蜜を取って来る人と言う話ですから。」
「はようはちみつ水が飲みたいのぅ。」
「駄目ですよ美羽様、そもそも美羽様が盗み食いをするから
蜂蜜が足りなくなったんですから
今日のはちみつ水はおあずけですよ。」
「そんな! 妾は昨日も飲んでおらぬのだぞ?
今日も飲まなかったら死んでしまう・・・」
「駄目です、美羽様が盗み食いをしたから
三日は はちみつ禁止にします!」
「七乃ぉ・・・・」
「そんな顔したってダメなものはダメです!」


そこには居間の椅子に座って駄々をこねる袁術(えんじゅつ)ちゃんと
それを叱る張勲(ちょうくん)さん・・・それに脇に控える先ほどの女官さん。


(終わった・・・・いや、まだだ!
このまま適当に接待して帰ってもらえれば!)
「あ、あの蜂蜜をお持ちしましたが・・・
私は胡喜媚と申します。 喜媚とお呼びください。
それで・・失礼ですがどなたでしょうか?」
「む! 妾は司空たる袁周陽の娘、袁術であるぞ!」
「美羽様、美羽様は字の公路をいただいたのですから、
そちらを名乗らないと駄目ですよぉ。」
「むぅ、面倒じゃのう・・・」
「あ、私は美羽様・・・袁公路様に仕える張勲です。」
「えっと、袁公路様とお呼びすれば?」
「それはわかりにくい! 袁術で良いぞよ!」
「はぁ・・・では袁術様、張勲様、コチラが蜂蜜になります。
あ、後 長旅でお疲れのようですから
何か飲み物とお菓子を出しますのでお待ち下さい。」
「七乃! 七乃ぉ! はちみつじゃぞ!」
「駄目ですよ、美羽様! まだ代金を払ってないじゃないですか。
買い物はちゃんとお代を払わないと駄目だと
袁周陽様に前叱られたじゃありませんか。」
「むぅ・・・・ならば早ようせぃ。」
「もう少し待ってください。
ちゃんとしないと美羽様や美羽様のお父様が笑われるんですから。」
「むぅ・・・分かったのじゃ。」


何やら居間の方から声が聞こえてくるが、無視だ!
今は丁寧に接客して穏便に帰ってもらわないと・・・

私は水と蜂蜜などを混ぜたスポーツ飲料と
オヤツに食べようと思っていた
パンケーキの試作品を持って居間に戻った。


「袁術様、張勲様どうぞ。」


机の上にスポーツ飲料とお菓子を載せて二人に勧める。


「ん? なんじゃコレは水かや?」
「そうですねぇ、普通の水に見えますけど・・・
少し甘い臭がしますねぇ。」
「コレは綺麗な水に蜂蜜、塩、果実の汁を適量混ぜたものです。
汗をかいた時や疲れた時などに飲むと
身体にいいとされています。」
「はちみつが入っておるのか!」
「あ、美羽様!」


私の説明を聞くと、袁術ちゃんが茶碗を取ると
自分の分を一気に飲み干してしまう。


「お・・おぉぉっ!」
「み、美羽様!」
「甘くて 飲みやすくて 美味しいのじゃ!
喜媚とやら! もう一杯欲しいのじゃ!」
「もう、美羽様!
私が手をつけるまで 勝手に飲んだり食べたりしちゃいけないって
いつも言ってるじゃないですか!」
「・・・じゃけど七乃ぉ・・・」
「ダメなものはダメです!」


この様子を見てふと思ったのだが、
張勲さんは袁術ちゃんの毒見をやっているのかな?
袁術ちゃんは、この年で既に字をもらって
成人として扱われているということは
色々有るのだろう・・・


「あ、あの・・・もう一杯お持ちしたほうが・・・?」
「いいえ、大丈夫ですよ。
美羽様にはちゃんと言い聞かせますから。
そういうわけで美羽様! もうダメですからね!
あんまりたくさん飲むとまたお腹痛くなっても知りませんよ!」
「・・・むぅ。」
「・・・では、私も失礼して・・・・
あら? 本当に飲みやすくて美味しいですね。」
「気に入っていただけて何よりです。
良ければこちらのお菓子もどうぞ。
一緒に置いてある蜂蜜を少し掛けてからお食べください。」


二人は私の作った試作品のパンケーキを食べる。


「ほぅ! 甘くてふわふわして美味しいのじゃ!」
「本当ですね♪ ・・・・って、美羽様!
私が確かめるまで食べちゃダメだって言ってるじゃないですか!」
「だけど美味しそうだったしぃ・・・」
「駄目です! 我慢してください!」
「七乃だけ先に食べてずるいのじゃ!」
「美羽様のためです!
それに美羽様のほうがたくさん食べてるじゃないですか!」
「・・・・あの、喧嘩されるのは・・・」
「あ、あらあらすいません♪
ほら、美羽様、わがままばっか言ってると喜媚さんに笑われますよ。」
「・・・むぅぅぅ!!」
「あ、喜媚さん、良かったら
このお菓子の作り方も教えてくれませんか?」
「教えるのは構わないんですけど、
このお菓子はちょっと作るのにコツがいるし
材料が珍しいものなので手に入るか・・・」
「そうなんですか?」
「鶏の卵や牛の乳を加工した物を使うので
特に牛の乳を加工したものが手に入りにくいと思うので。」
「牛の乳が入っているんですか!?」
「はい、西涼ではヤギの乳等を使った料理や飲物がありますが
牛の乳も栄養価が高く美味しいんですよ?
もちろん殺菌・・・ええっと火を通してますので
身体に悪い影響はありませんし。
張勲さん達のような方はあまり口にしないと思いますが
ウチに出入りしている人は 口にしたことある人が多いですよ。
最初は皆びっくりしていましたが。」
「おいしいのかぇ!」
「えぇ、少し温めて砂糖を加えると身体もあったまって美味しいですよ。」
「妾も飲んでみたいのじゃ!」
「美羽様! う、牛の乳ですよ!?」
「七乃じゃって牛を食うではないか。」
「・・・そ、それはそうなんですが。」


私はこの時 袁術ちゃんの事を感心していた。
新しいものに挑戦しようという気概。
一見無知で無謀とも言えるが、牛を食べるのに牛の乳は飲めないのか?
と 言う張勲さんに対する問いは、
子供が持つ純粋さ故ということもあるが、
この問に対して明確な答えを出すのは難しいだろう。

牛の糞を食え、というのなら汚いと反論すればいいが
子牛が当たり前のように口にしているものを汚いと言うのなら
牛自体が汚くて食べられないことになる。
張勲さんも困った顔をしている。


「袁術様、残念ですが
このお菓子を作るのに使ってしまいましたので。
今は袁術様にお出しできるほどの量はないのです。」
「なんじゃ・・残念じゃのう。」
「ですが先程袁術様がお飲みになった物なら
作り方をお教え出来ます。」
「まことか! ならば七乃!
寿春に帰ったら早速作ってたも!」
「はいはい、分かりました。」
「作り方は決まった分量の材料を混ぜるだけなので
簡単にできますよ。」
「ありがとうございます。」


そして私は竹簡に材料の分量を書き、張勲さんに渡す。


「それで蜂蜜の方ですが、コレでよろしいですか?」
「ちょっと待って下さいね。」


張勲さんが壷の蓋を開け、指先で蜂蜜を少し取って舐めて確認する。


「七乃だけずるいのじゃ!」
「あ、美羽様!」


張勲さんが舐めるのを見て 袁術さんも指を壷につっこんで
蜂蜜を指に絡めて舐める。


「おぉ、コレは妾が今までに食べた蜂蜜の中でも
かなり上質のものじゃぞ!」
「そうですねぇ、甘くて美味しいです。」
「はちみつが甘くて美味しいのは当たり前なのじゃ。
このはちみつは甘さがしっかりとしていながら
口溶けがよく、口の中で残るようなしつこさもなく
後味が良いのじゃ!」
「「・・・・」」
「ま、まぁ、袁術様は大変舌が肥えてらっしゃるということで。」
「そ、そうですね。
よっ! 流石美羽様!」
「にょほほ、そんなに褒めるでない。」
「あははは・・・」 「うふふふ♪」


なるほど、張勲さんは袁術さんの こういうところが好きなんだろうな。


「のう、七乃。
今度から喜媚の このはちみつを城で食べれぬかの?」
「「はっ?」」
「いつも食べるはちみつは味がまちまちじゃし
この間など水で薄めた馬鹿者もおったではないか。
その点 このはちみつなら最高じゃ。」
「う~~ん、どうなんでしょう?
喜媚さんどうですか?」
「どうと言われましても・・・
蜂蜜自体はきちんと保存すれば十分持ちますし、
一応、お売りすることは出来ますけど、
流石に私では袁術様のいらっしゃる 寿春には届けたりは出来ませんよ?」
「どうにからなぬのか七乃ぉ。」
「そうですねぇ・・・一応洛陽や袁周陽様と連絡を取るためや、
情報収集のために派遣している兵がいるので、
買いにこさせればなんとかなると思うのですが。
ココと寿春ではそれほど離れていませんし。」


え? 許昌と寿春って結構遠いよね?
彼女達は 私の感覚とは違うのかな・・・


「ならば七乃! 早速そのようにするのじゃ!」
「はい! 美羽様!」
(張勲さん! あなた言いなりかよ!)
「いや、張勲様 流石にいきなりはまずくないですか?」
「特に問題ありませんよ。
洛陽に行きか帰りにちょっと寄り道させればいいだけですから。」
「・・・・ハァ、では お二人がそう言われるなら
そのように致しますけど、
気が変わったらいつでも言ってくださいね。」
「はい。 それで今回譲っていただく蜂蜜の代金ですけど、
・・・・これくらいでいいでしょうか?」


そう言いながら張勲さんはお付きの女官の人から
袋を受け取り、中身から銀を約一斤ほど机に置く。


「ぎ、銀ですか!?
しかもコレ五両ほどありますよね?」
「足りませんでしたか?」
「いいえ! 貰い過ぎですよ!」
「そうですか いつもこれくらいで取引してるのですが・・・」
「それ 吹っ掛けられてますよ・・・
銀五両で銭としても約六〇〇銭、西涼なら羊が一頭買えますよ。」
「そんなものじゃないでしょうか?」
(駄目だこの人達・・・金銭感覚が私とかけ離れすぎている・・・)
「あの、この壷の量なら 二百銭ほどで結構なので・・・」
「でも、私達五銖銭は重くてかさばるので持ち歩いていませんから、
これでお願いしますね♪
次回からの分もこの代金でお願いします。」


前の世界でバブルの時にタクシーの運転手に一万円渡して
お釣りはいらないとか言う人は、
こういう金銭感覚だったんだろうな・・・
ただ小銭を持つのが面倒なんだろう。


「で、では一応いただいておきます。」
「それと一応 臨時の符節を作っておきたいので竹簡か何かありますか?」
「あ、はい・・・」


結局 袁術ちゃんと張勲さんに流される形で
ウチの蜂蜜を寿春の袁術ちゃんと取引をすることになってしまった。

この後、袁術ちゃん達は寿春に帰って行き
大体、毎月私の所に袁術ちゃんの使いが来て蜂蜜を購入していった。
その際に竹間に簡単に出来る蜂蜜を使った料理や、
飲み物の作り方などを書いている内に
その流れで袁術ちゃんや張勲さんと文通みたいなことをするようになり、
もし寿春に来る機会があったら 是非とも城に遊びに来てほしい。
その時には 新作の蜂蜜を使ったお菓子をごちそうして欲しいと言う
約束をする事になる。


スポンサーサイト
  1. 2012/09/17(月) 01:02:47|
  2. 真・恋姫†無双 変革する外史。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二十話 | ホーム | 十八話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://current9.blog.fc2.com/tb.php/177-038c9d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。