たいちの仮設避難所

某小説投稿サイトの規約改定による 仮設の避難所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

前書き


こんにちは


このSSは、三国志の時代ということで戦争等の争いに巻き込まれないため、
何処にも仕官せずに、平穏に暮らす事を目標とする主人公のお話です。
※展開予想は書き手、読み手、双方の利益にならないので、ご容赦ください。
 悪質な場合はブロックします。


さて、今回恋姫ssを書くにあたって
わざわざ前書きを用意したのは
三国志の歴史考察に於いて
色々とおかしな所が出るであろう事がわかっているためです。

私は三国志時代の歴史考察などについては全くの素人です。
wikiやweb 本等で調べてはいますが
一つの案件についても諸説あったり
史実と演義等で違ったりしてるみたいなので
ひとつひとつ細かい所まで調べていたら
死ぬまで完結させることができませんので
三国志や中国の歴史に詳しい人が見て
ここ違う、そこはおかしい、等有りましたら
軽く指摘して頂くか、
素人知識で勘違いしている 馬鹿な私を生暖かい目で見るくらいで
勘弁していただけたらと思います。


それ以外にも 話しの展開上
「それはねーよ。」とか「あ り え ん (w)」とか
捏造設定、ご都合主義等で 様々な意見があると思いますが
素人が趣味でやっている妄想の範囲なので
その辺も生暖かい目で見てくれるとありがたいです。

ご指摘に関しては修正できるところは
修正していこうとは思いますが
話の展開上無理だった場合は
このssではそういう物だという事で
スルーしていただけるとありがたいです。


あと、それぞれの人物についての呼称ですが
この時代だと

姓+字で呼ぶことが一般的みたいで
姓+名で呼ぶことは一般的ではありません。

(例) 荀 文若  姓+字
    荀 彧   姓+名

姓+名だと むしろ侮辱しているとされるそうです。
幼少時の呼び方として小字、幼名と言うのがあるようですが
ひとりひとり用意できませんし
小字で読んでいると誰が誰の事かわかりにくくなると思いますの
幼少時は基本的に姓+名で呼ぶことにしています。

成長したら分かる範囲で 初対面では姓+字で
ある程度親しくなったり
説明等で わかりやすくするために 姓+名
真名を交わした相手は真名で呼ぶことにしたいと思います。

他人    姓+字
知人    姓+名
親友 家族 真名

一部例外を除いては こんな感じです。


恋姫の設定に関してはPCゲーム準拠とさせてもらいます。
ゲームは初代、真、萌将伝(全部PCの18禁版)とやっているのですが、
アニメやドラマCDは見たり聞いてないですし
ゲームと設定が違うと思うので、
基本は真・恋姫をベースに所々恋姫設定が混じる感じです。


オリキャラは最低限必要な人物だけにする予定です。
個人的に、原作のキャラを大事にしたいので
史実等で有名武将がいる場合でも
極力 恋姫キャラだけで進めていこうかと思います。

あと、様々な捏造設定があります(主に桂花周りや皇室周りで)がご了承ください。




ご本人から許可をいただけたので、
私がこのSSを書くにあたって資料にした作品を載せておきます。

資料 恋姫時代の後漢
http://syosetu.org/?mode=ss&nid=189

このような良い資料を参考にさせていただき、
更に色々相談に乗っていただき、所長様には感謝しております。




三国志時代、後漢時代の生活や農業、商業等
一般生活がわかるような本等が有りましたら
教えてくださるとありがたいです。

孫子は読んだけど論語も読んだほうがいいだろうか・・・


スポンサーサイト
  1. 2012/09/15(土) 22:12:39|
  2. 真・恋姫†無双 変革する外史。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<一話 | ホーム | 今後について。>>

コメント

質問

 訂正報告は感想板の方がいいですか? 
それとも、その話のコメントの方がいいですか?
  1. 2012/09/15(土) 23:43:29 |
  2. URL |
  3. Gfess #knJMDaPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://current9.blog.fc2.com/tb.php/156-3e4c41d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。